借金返済にまつわるエピソードが盛りだくさん

3月 2, 2014 · Posted in 未分類 · Comment 

生まれてこの方、借金をせずに生きてきました。普通に生活をしている中で欲しいものはありますし、お金がないから借金して買おう、と思うこともしばしばです。しかし、手持ちのお金で買えないなら、身の丈に合っていないものなのだ、と思って諦めるようにしています。
それでなんとかガマンできているので、それほど欲しくないものなのだ、と思うようにもしています。それで借金に苦しまずに生きているのでいいかな、と思うのですが、先日ふと見かけた借金返済まとめブログというサイトを見てた時にあらためて借金って恐ろしいものなのだなと思いました。

ちなみにそのサイトはこちらになります。
http://xn--o9j0bk2q1g8ez24ug99b1t7cofe.com/

家族の借金の話、返済ができなくてどうにもならなくなった時の話など、自分とはかけ離れた話ではありますが、借金の経験のある方ならきっと明日は我が身、というような話だと思います。同じようなことを繰り返さないためにも、たくさんの方々に見てもらいたいなと思います。また、借金にまつわる豆知識もあるので、生活の役にも立つと思います。
少なくても私はこのブログを読んで、これから先はよっぽどのことがない限りはお金を借りずに生きていきたいと思いました。みなさんも気をつけましょう。

リボ払いは避けよう

3月 2, 2014 · Posted in 未分類 · Comment 

クレジットカードは現金がない時のお助け舟として有効な手段です。手持ちの現金がなかったとしても、その分はクレジットカード会社が支払ってくれるので、後からお金を返すことで清算ができます。使った分の金額をしっかり管理でき、返済の目処がちゃんと立てられていれば有効な支払い方法かと思います。

ただし、高額な買い物になるとついつい一括でドンと支払うのが怖くなってリボ払いを選んでしまいがちです。それでも毎月決まった金額を返済できるのであればなんら問題ありませんが、リボ払いがくせいになってしまうと厄介で、知らない間にショッピング限度枠がいっぱいになってしまい、返済も苦しくなる、というケースがとても多いようです。

また、リボ払いで注意しなくてはいけないのが、リボ払いを選択してしまうと金利がついてしまうのです。
たとえば1回払いでしたら手数料はかかりません。商品の購入金額をクレジットカード会社に支払うだけなのですが、複数回に及んでしまうとクレジットカード会社から返済の際には金利に応じた利息を乗っけて請求があります。利息は決して安くありませんので、これが積み重なると返済が滞るとかなり借金が返しにくくなります。高額のものでもできれば1回払いにしておくと良いでしょう。

失敗しないクレジットカードの使い方

3月 2, 2014 · Posted in 未分類 · Comment 

みなさんが持つクレジットカードは、利用したら借金の一つとなります。クレジットカードは利用すると商品の購入代金をクレジットカード会社がたて替えてくれるのですが、それを後から一回、あるいは複数回に渡って返済をしていくものです。クレジットカードは手持ちの現金がない場合にとても便利ですが、打ち出の小槌ではありません。使った分は返済しないといけませんから、あくまでもクレジットカード会社からお金を借りているという自覚がないといけません。

クレジットカードがあるからと言って過度に遣い過ぎるのが失敗の元で、後から請求書を見て、やっぱり支払えないというところから返済ができなくなり、支払いが滞ってしまうものです。
そこで、返済が滞らないためのコツとして、クレジットカードを使ったら、後からその分、現金を引き落としされる口座に入れておくことをおすすめします。

使った分、手持ちの現金も減ってしまいますが、絶対に使い過ぎて支払えなくなる、ということはできなくなります。都度振り込まないといけないという少々面倒な手間はかかりますが、そう思うと使い過ぎることもありませんし、支払いが滞りがちな方こそ取り入れてもらえれば、と思います。

借金せずに済むように生活しよう

3月 2, 2014 · Posted in 未分類 · Comment 

誰しも借金をしたくてしている訳ではないと思うのですが、繰り返している内に借金は習慣化します。この前はちゃんと払えたからまた借りちゃおう、という甘い考えが借金を膨らませ、生活を圧迫します。今度こそ借金せずに乗り越えてみせる、という強い思いがあれば別ですが、それがないのなら借金はしない方が良いでしょう。
借金の合計金額が膨れ上がった時こそ、一旦抱えている借金をどうやって借金せずに返済することができるかを考えるようにしましょう。もしかしたら余分な出費があって、それが借金の足かせになっているかもしれません。そうすると節約すべきことがわかって返済がしやすくなるかもしれません。

たとえばお金が苦しいときこそ定期預金をしてみるのも良いかもしれません。少ない金額でどうやってやりくりしていくか、ということが考えられれば僅かな生活費でも生活していくことは十分可能でしょう。
また、そういったことが習慣づけられれば、借金を返済した後も継続して借金のない生活が過ごせるかと思います。
キャッシングやクレジットカード、ローンも大変便利なサービスですが、それがなくても賢く買い物ができるようになれば不必要に借金に苦しむこともありません。